化粧水・乳液・クリーム

肌の状態に合わせて使い分けるイプサメタボライザー

30代半ばを過ぎたころから元々乾燥肌だったのに加えてハリもなく、くすんできた肌をどうにかしなければと思うようになりました。

今まではとりあえず化粧水や乳液を塗って置けば良かったのですが、お手入れを怠ってきたことや年齢を重ねたことでダメージが肌に出てきました。

それでも何を使っていいか分からず、また自分の肌状態も良く分かっていなかったので詳しく肌診断をしてくれるイプサに足を運んでみました。

その時に水分量や皮脂量、ハリや角質の数値を計って自分の肌質にあった化粧液(メタボライザー)を勧めてくれました。

1本を6週間かけて使うのですが、1本使い終えた時には以前よりもハリを感じるようになり乾燥も治まってきました。

私が勧められたエイジングケアが可能なスーペリアeタイプは美白ケアもできるのでくすみも取れてきました。

けれど、花粉の時期や急激な乾燥についていけず肌がヒリヒリとして敏感肌に傾いたもあります。

そういう時は同じイプサの敏感肌用タイプのメタボライザーを使って肌を改善してきました。

好奇心が旺盛な性格なので、たまに他の商品に目が行って他のものを使用した時もありましたが、やっぱりイプサのメタボライザーに戻ってきています。